おすすめ転職サービスはこちら

ビズリーチとキャリトレはここが違う!3つの違いと適性年収・年齢を解説

ビズリーチとキャリトレはここが違う

「ビズリーチとキャリトレは何が違うの?」「どっちを使えばいい?」といった疑問を持っていませんか?

より自分の年収や年齢にあったサービスを利用して、転職の成功確率を高めたいですよね。

ビズリーチとキャリトレには大きく3つの違いがあり、特徴や適性年収・適性年齢が異なります。

この記事では、「ビズリーチとキャリトレの違い」「それぞれの特徴」「評判」などについて詳しく解説していきます。

筆者は、ビズリーチのプラチナスカウトで2回転職(年収90万円アップにも成功)した自称『ビズリーチマニア』です。

この記事を読むと、ビズリーチとキャリトレの効果的な使い分けの方法を知ることができます。

ビズリーチとキャリトレのどちらを利用するか迷っている人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

今すぐ自分の市場価値を知りたい人は、こちらからどうぞ。

\200万人以上が利用中/

無料登録後も料金はかかりません

ビズリーチに登録すべき理由については、こちらの記事で詳しく解説しています。

この記事の著者
うきぐも

うきぐも 転職ブロガー

  • 転職3回で10社以上の転職サービスを利用
  • ビズリーチのプラチナスカウトで2回転職
  • 1回の転職で年収90万円アップの実績あり
目次

ビズリーチが運営する20代向け転職サービス「キャリトレ」

ビズリーチ

【引用】公式サイト

キャリトレは、株式会社ビズリーチが運営する20代向けのダイレクトリクルーティングサービスです。

ビズリーチとのいちばんの違いは会員の約73%が20代と20代の転職に特化しており、登録審査なし、完全無料で利用できます。

ビズリーチとキャリトレの特徴

結論から言うと、ビズリーチは「即戦力・ハイクラス向け」のサービス、キャリトレは「キャリアアップしたい20代向け」のサービスと言えます。

それぞれのサービスの特徴は、次のとおりです。

ビズリーチの特徴

ビズリーチの特徴

✔管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化

✔即戦力として期待されるミドル人材(31〜45歳)の割合は55.5%

✔登録審査あり

キャリトレの特徴

キャリトレの特徴

✔第二新卒・既卒など20代の転職に特化

✔会員の約73%が20代

✔登録審査なし

ビズリーチとキャリトレ3つの違い

次に、ビズリーチとキャリトレの違いについて解説していきます。

スクロールできます
ビズリーチキャリトレ         
運営会社株式会社ビズリーチ株式会社ビズリーチ    
対象利用者20代~50代20代
公開求人数約200,000件約115,000件
登録審査ありなし
利用料金スタンダードステージのみ無料完全無料
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/https://www.careertrek.com/

ビズリーチとキャリトレには、大きく3つの違いがあります。

ビズリーチとキャリトレの違い

  • ターゲット
  • 利用料金
  • サポート内容

ビズリーチとキャリトレはターゲットが違う

ビズリーチとキャリトレはどちらも株式会社ビズリーチが運営していますが、利用者のターゲットを分けてサービスを展開しています。

ビズリーチのキャッチコピーにある「ハイクラス転職サイト」やキャリトレの「挑戦したい20代」からも、ターゲットの違いは明らかです。

また、ビズリーチについては登録審査があり、一定の基準を設けることでブランディングや差別化をはかっています。

ビズリーチとキャリトレの掲載求人数を年収別に比較してみたところ、ビズリーチは600万円以上の求人が多く、キャリトレには年収にかたよりなく求人があることがわかりました。

全体の求人数は、ビズリーチがキャリトレの3倍以上となっています。

スクロールできます
ビズリーチキャリトレ
全求人数179,913件45,876件
年収300万円~5,973件(13%)
年収400万円~3,967件(2%)4,484件(10%)
年収500万円~11,798件(7%)5,587件(12%)
年収600万円~24,023件(13%)7,255件(16%)
年収700万円~28,117件(16%)5,567件(12%)
年収800万円~45,530件(25%)5,845件(13%)
年収900万円~22,179件(12%)2,317件(5%)
年収1,000万円~44,299件(25%)6,096件(13%)

ビズリーチとキャリトレは利用料金が違う

サービス利用料金
ビズリーチ
(スタンダードステージ)
無料
ビズリーチ
(プレミアステージ)
3,278円/月(タレント会員)
5,478円/月(ハイクラス会員)
キャリトレ
無料

キャリトレは完全無料ですが、ビズリーチはプレミアステージを利用する場合は有料となります。

無料のスタンダードステージと有料のプレミアステージの違いは、スカウトや求人の閲覧範囲にあります。

有料のプレミアムステージではすべてのスカウトの閲覧・返信、求人の閲覧・応募が可能なのに対して、 無料のスタンダードステージでは「プラチナスカウト」のみ閲覧・返信が可能です。

応募については、無料のスタンダードステージは公募・特集求人などの一部の求人のみ可能となっています。

ただし、ビズリーチの最大の特徴である企業からのスカウト(プラチナスカウト)はスタンダートステージで利用できるため、無料プランでも十分にメリットを受けることができます。

スクロールできます
機能スタンダードステージプレミアムステージ 
プラチナスカウト
通常スカウト×
求人閲覧・応募×

また、ビズリーチには「タレント会員」と「ハイクラス会員」の2つの会員属性があり、現年収750万円以上がハイクラス会員の目安と言われています。

タレント会員とハイクラス会員の違いは、ハイクラス会員のみ限定求人の閲覧・応募ができる点です。

ビズリーチとキャリトレはサポート内容が違う

ビズリーチとキャリトレでは、受けられるサポートの内容も異なります。

どちらも同じダイレクトリクルーティングサービスですが、ビズリーチは転職エージェント、キャリトレは転職サイトに近いイメージです。

ビズリーチ、キャリトレともに専任のアドバイザーによるサポートはありませんが、ビズリーチの場合はヘッドハンターと繋がることで各種転職サポートを受けることが可能です。

ビズリーチには5,000人以上の独自の審査を通過した優秀なヘッドハンターが登録しており、自分に合ったヘッドハンターを探すことができます。

ビズリーチとキャリトレの適性年収・年齢

ビズリーチとキャリトレのそれぞれの適性年収・適性年齢をまとめると、次の図のようなイメージになります。

キャリアやスキルなどにもよるので一概には言えませんが、ビズリーチは年齢25歳以上で年収400万円以上キャリトレは年収問わずで20代が利用の目安と考えれば良いでしょう。

ビズリーチとキャリトレの比較

ビズリーチとキャリトレの評判

SNSでのビズリーチとキャリトレの口コミ・評判をまとめてみました。

ビズリーチの評判

「ビズリーチはまじ使いやすい」「案件の質は一番高いし他サイトにある求人情報はすべて網羅されている」「ヘッドハンターはSクラスの人だと対応は最上」といった良い評判の一方、「情報量多すぎ」「年収600なくても審査通ったけどスカウトは来ない」といった口コミもありました。

キャリトレの評判

「リクナビとかよりイケてる求人が多い」「求人出しているまともな企業は探せばたくさんある」「キャリトレはかなりの確率で面接に進めた」といった良い評判の一方、「キャリトレのCM腹立つ」といった口コミもありました。

ビズリーチの評判については、こちらの記事でも詳しく解説しています。

ビズリーチとキャリトレの利用の流れ

ビズリーチとキャリトレのそれぞれの利用の流れは、次のとおりです。

ビズリーチの利用の流れ

STEP
会員登録・審査

ビズリーチ公式サイトから会員登録をします。

所要時間は、すでに職務経歴書の用意がある人で15分程度。はじめて職務経歴書を書く人だと60分以上見ておいたほうが良いでしょう。

審査結果は、3営業日以内にメールで通知されます。

STEP
求人を探す(求人検索・スカウト)

企業やヘッドハンターから受け取ったスカウト経由か、求人検索機能で応募したい企業を探します。

STEP
応募

気になるスカウトや応募したい求人が見つかったらエントリーします。

ビズリーチの登録方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

キャリトレの利用の流れ

STEP
会員登録・キャリア診断

キャリトレ公式サイトから会員登録をします。

会員情報の登録と選択式のキャリア診断のみなので、所要時間は5分程度です。

STEP
求人を探す(ピックアップ求人・求人検索・スカウト)

ビズリーチと同様に企業やヘッドハンターからのスカウトか、検索機能で求人の検索も可能です。

そのほか、キャリトレでは毎日10件のピックアップ求人をレコメンドしてくれます。

ピックアップ求人への興味の有無を回答することで、AIが志向性を学習してレコメンドの精度が上がっていくため、マッチングの確率も高くなります。

STEP
応募

気になるスカウトや応募したい求人が見つかったらエントリーします。

ビズリーチとキャリトレのどちらを利用すべき?

あなたが20代であれば、ビズリーチとキャリトレの両方に登録してみるのが良いでしょう。

30代以上であれば、ビズリーチと転職エージェントを併用するのがおすすめです。

なぜなら、ビズリーチは無料プランだと掲載求人の検索・応募ができないため、スカウトを貰えない場合は求人の選択肢が少なくなってしまうからです。

転職エージェントを利用することで、あなたのキャリアや希望条件にあった求人を紹介してくれるため、転職活動を効率的にすすめることができます。

ビズリーチ・キャリトレ以外でおすすめの転職サービス

ビズリーチ・キャリトレと併用するなら転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントを利用するメリット

✔登録審査がない

✔転職サポートが充実している

✔無料で利用できる

ビズリーチとキャリトレはオファー型転職サービスのため、単体の利用だと転職活動が受け身となり、求人の選択肢も限定されてしまいます。

転職エージェントを併用することで待ちの時間を有効活用でき、求人の選択肢が増えるため、転職活動のパフォーマンスを高められます。

転職エージェントがはじめての人でも安心して利用できる、大手の総合型転職エージェントは次の3社です。

おすすめの転職エージェント

✔リクルートエージェント

 転職支援実績NO.1

 【公式サイト】http://www.r-agent.com/

✔doda

 転職サイト機能も使える

 【公式サイト】https://doda.jp/

ビズリーチに無料登録してスカウトを受けとってみよう

https://www.youtube.com/watch?v=9KOE9gKrjG0

ビズリーチは200万人以上が登録している国内最大級のミドルクラス・ハイクラス転職サイトです。

保有求人の3分の1以上が年収1,000万円以上というように高年収案件が充実しているので、年収を上げたい人やキャリアアップを目指して転職したい人におすすめです。

他の一般的な転職サイトと違い登録さえしておけば、企業の人事や役員クラス、案件を持つヘッドハンターから直接スカウトを受け取ることができます。

このようなサービスの特徴から、おもに現年収500万円以上の転職希望者に転職エージェントなどと組み合わせて利用されています。

サービス名称ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数275,910件(2024年6月23日現在)
ターゲットミドル・ハイクラス層
利用料金スタンダードステージのみ無料
登録審査あり
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

ビズリーチの特徴

✔年収600万円以上の求人が多い

✔企業の人事や役員クラス、案件を持つヘッドハンターから直接スカウトを受けとれる

✔無料で利用できる

「転職を考えている人」「自分の市場価値を知りたい人」「スカウトを受けとってみたい人」は、まずは無料登録してみましょう。

登録時間3分、完全無料で利用できます。自分には合わないと思ったら即時解約も可能です。

どんなスカウトが来るのか、自分の目で確かめてみてください。

まだ無料登録していない人は、こちらからどうぞ。

\200万人以上が利用中/

無料登録後も料金はかかりません

まとめ:ビズリーチとキャリトレはここが違う!3つの違いと適性年収・年齢を解説

まとめ

  • キャリトレは、株式会社ビズリーチが運営する20代向けのダイレクトリクルーティングサービス
  • ビズリーチの特徴は、①管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化②即戦力として期待されるミドル人材(31〜45歳)の割合は55.5%③登録審査あり
  • キャリトレの特徴は、①第二新卒・既卒など20代の転職に特化②会員の約73%が20代③登録審査なし
  • ビズリーチとキャリトレの違いは、①ターゲット②利用料金③サポート内容
  • ビズリーチとキャリトレの適性年収・年齢は、ビズリーチは年齢25歳以上で年収400万円以上。キャリトレは年収問わずで20代が利用の目安
  • 20代であればビズリーチとキャリトレの両方、30代以上であればビズリーチと転職エージェントを併用するのがおすすめ
  • 転職エージェントを利用するメリットは、①登録審査がない②転職サポートが充実している③無料で利用できる

この記事では、「ビズリーチとキャリトレの違い」「それぞれの特徴」「評判」などについて解説してきました。

転職を成功させるためには年収や年齢などに応じて、適切な転職サービスを利用することが重要です。

転職サービス選びが、転職活動のパフォーマンスを左右すると言っても過言ではありません。

まずは、自分に合いそうな転職サービスに無料登録してみましょう。

この記事が、あなたの転職活動の参考になれば嬉しく思います。

もし今日から取り組める内容がひとつでもあれば、早速実践してみてください。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

ビズリーチの関連記事

記事内容が参考になったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

■Saasベンチャー企業×副業
■これまでに転職3回、4社を経験
■ビズリーチのプラチナスカウトで2回転職
■転職で年収90万円アップの実績あり

目次