おすすめ転職サービスはこちら

【体験談】ビズリーチのプラチナスカウト(企業から)で年収90万円アップした話。

プラチナスカウトで年収90万円アップ
URLをコピーする
URLをコピーしました!

「ビズリーチのプラチナスカウトって普通のスカウトと何が違うの?」

「プラチナスカウトを受けとるコツは?」といった疑問を持っていませんか?

ビズリーチの調査によると、転職成功者の約70%がプラチナスカウト経由だということです。

そんなプラチナスカウトのメリットや受けとるためのコツを知って、転職を優位にすすめたいですよね。

この記事では、次の内容について詳しく解説しています。(▼タップしたところから読めます)

筆者は、ビズリーチのプラチナスカウトで2回転職(年収90万円アップにも成功)した自称”ビズリーチマニア”です。

この記事を読むと、プラチナスカウトの特徴やメリットが理解でき、より多くのスカウトを受けとるコツが分かるようになります。

プラチナスカウトをたくさん受けとりたい人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

ビズリーチの評判については、こちらの記事で詳しく解説しています。

まだ会員登録されていない人は、こちらからどうぞ。

\年収アップを目指すなら/

無料登録後も料金はかかりません

目次

ビズリーチのプラチナスカウトとは

ビズリーチプラチナスカウト

はじめに、プラチナスカウトの特徴や仕組みについて解説していきます。

ビズリーチのプラチナスカウトの概要

「プラチナスカウト」とは、企業の採用担当者やヘッドハンターが送る送信回数が限られた特別なスカウトです。

このプラチナスカウトをきっかけに転職活動をすすめられるのが、ビズリーチの最大の特徴と言えます。

企業から直接届く場合と、ヘッドハンターから届く場合がありますが、どちらもスキルやキャリアに価値を見いだしてオファーされているので、自分の市場価値を確認する手段にもなります。

プラチナスカウトと通常スカウトとの違い

スカウトには、「プラチナスカウト」と通常の「スカウト」の2種類があります。

企業からのスカウトはすべて「プラチナスカウト」で、返信すれば面接が確定します。

ヘッドハンターからのスカウトは「プラチナスカウト」と「通常スカウト」の2パターンがあり、「通常スカウト」の場合は有料プランのみ閲覧可能です。

スカウトの種類面接確約 スカウトの閲覧、返信可否
プラチナスカウト
(企業から)
無料プランでも閲覧、返信可能
プラチナスカウト
(ヘッドハンターから)
×無料プランでも閲覧、返信可能
通常スカウト
(ヘッドハンターから)
×有料プランのみ閲覧、返信可能

ビズリーチのプラチナスカウトにかかる費用は?

求職者がプラチナスカウトを受けとるのは無料ですが、企業やヘッドハンターには費用が発生しています。

企業やヘッドハンターは有料でスカウトしている

プラチナスカウトが貴重な理由は、企業やヘッドハンターは有料でスカウトメッセージを送っているからです。

企業やヘッドハンターのメッセージ送信コストは、プランにもよりますが1通あたり2,000円程度かかっています。

コストをかけて「面談したい」「選考にすすんでほしい」とスカウトされている訳ですから、プラチナスカウトは貴重で価値があると言えます。

ビズリーチの利用料金(企業)

最も安い料金プランであるスタンダードプランの場合、6カ月間で85万円の基本料金がかかります。

85万円で400通のプラチナスカウトメールを送信可能なので、1通あたりの送信単価は2,125円となります。

プラン名         月額基本料金       プラチナスカウト送信可能数
スタンダードプラン85万円(6カ月)400通

ちなみに、ビズリーチ経由で採用に至った場合に企業が支払う成功報酬は、採用者の年収の15%です。

企業はできるだけコストを抑えて良い人材を採用するために、本当に採用したいと思える人にのみプラチナスカウトを送っています。

ビズリーチのプラチナスカウトで不採用になることはある?

ビズリーチのプラチナスカウトで不採用になることはあります。

なぜなら、プラチナスカウトは「面接確約」のスカウトであり、内定を確約するものではないからです。

企業としては当然良い人材を採用したいので、複数の候補者にスカウトを送り、面接でキャリアやスキル、求人とのマッチングなどを確認する必要があります。

プラチナスカウト経由でも不採用になることはありますが、それでも一般応募や通常スカウトにくらべて内定率が高いことは間違いありません。

ビズリーチのプラチナスカウト(企業スカウト)で落ちた人の割合と内定率

それでは、プラチナスカウト経由の場合、落ちた人の割合と内定率はどのくらいなのでしょうか。

ビズリーチの内定率は公表されていませんが、プラチナスカウト求人の内定率は30%とも言われています。

一般的な転職エージェント経由の内定率が4%~5%程度なので、プラチナスカウトの内定率は6倍以上です。

プラチナスカウトの内定率が30%だとすると、プラチナスカウトで落ちた人の割合は70%ということになります。

ビズリーチのプラチナスカウトの内定率が高い理由

プラチナスカウトの内定率が高い理由は次のとおりです。

プラチナスカウトの内定率が高い理由

  • 書類選考や一次面接が免除される
  • 採用条件や求人要件とのミスマッチが起こりにくい

書類選考や一次面接が免除される

プラチナスカウトは面接確約のオファーのため、書類選考は免除されます。

また、企業によっては初回の面接が社長や役員面接など、一次面接が免除されたり選考プロセスが短くなるケースもあります。

マイナビエージェントによると、一般的な書類選考通過率・一次面接通過率はどちらも30%だそうです。

最も脱落率の高い書類選考や一次面接が免除されることで、内定率が大幅に向上します。

応募から内定までの選考通過率

採用条件や求人要件とのミスマッチが起こりにくい

企業やヘッドハンターは職務経歴書をよく見たうえで、実際に「会いたい」人にのみプラチナスカウトを送っています。

そのため、採用条件や求人要件とのミスマッチが起こりにくく、結果的に高い内定率に繋がっています。

プラチナスカウトの送信にはコストがかかるため、スカウトはあくまでも採用を前提としたオファーであると言えます。

ビズリーチのプラチナスカウトが届く確率は?

プラチナスカウトは、どれくらいの確率で届くのでしょうか?

実際に私に届いたスカウトを集計してみました。

スカウトの種類スカウト元件数割合
通常スカウト企業0件0%
ヘッドハンター29件38%
プラチナスカウト 企業22件28%
ヘッドハンター26件34%

私の場合は、全体のうちプラチナスカウトの割合が約62%で、そのうち半数弱が企業からのスカウトでした。

プラチナスカウトは無料プランで閲覧・返信可能なので、無料でも企業からのスカウトは100%、ヘッドハンターからのスカウトも半分程度は確認できますね。

ビズリーチのプラチナスカウトのメリット

次に、プラチナスカウトのメリットについてです。

プラチナスカウトの主なメリットは3つあります。

プラチナスカウトのメリット

  • 面接が確約されている
  • 内定率が高い
  • 無料プランでも閲覧・返信が可能

面接が確約されている

プラチナスカウトは、企業やヘッドハンターとの面接が確約されています。

企業からの直接スカウトの場合は、書類選考を通過した状態からのスタートが可能です。

また、企業からのスカウトで「役員面接確約」や「社長面接確約」とメッセージに記載されているケースがあり、内定までの面接回数が少ないスカウトもあります。

ヘッドハンターからのスカウトの場合は、企業との面接が確約されているわけではありません。

内定率が高い

プラチナスカウトの最も大きなメリットは内定率の高さであり、ビズリーチでの転職成功者の約70%がプラチナスカウト経由だということです。

企業やヘッドハンターは、コストをかけて厳選した候補者にのみスカウトを送っているので、必然的に内定率は高くなります。

内定率を高めたい場合は、プラチナスカウトを優先的にチェックするようにしましょう。

無料プランでも閲覧・返信が可能

ビズリーチには有料プラン(プレミアムステージ)と無料プラン(スタンダードステージ)があります。

通常スカウトは有料プランでないと閲覧・返信できませんが、プラチナスカウトは無料プランでも閲覧・返信が可能です。

企業からのスカウトはすべてプラチナスカウトなので、完全無料で転職活動をすすめることができます。

機能スタンダードステージ(無料)プレミアムステージ(有料)
プラチナスカウト
通常スカウト×
求人閲覧・応募×

\170万人以上が利用中/

無料登録後も料金はかかりません

ビズリーチのプラチナスカウトを受けとるコツ

プラチナスカウトを受けとるためのコツは次の3つです。

プラチナスカウトを受けとるコツ

  • 職務経歴書を充実させる
  • 希望年収を高く設定しすぎない
  • 頻繁にログインをする

職務経歴書を充実させる

企業やヘッドハンターがプラチナスカウトを送る際は、職務経歴書をベースにリストアップが行われます

なかでも「職務要約」「業務内容」「スキル」は特によく見られる項目なので、内容を充実させておきましょう。

職務経歴書の閲覧率を上げるポイントは次のとおりです。

職務経歴書の文字数を増やす

職務経歴書の文字数を増やすと、プラチナスカウトの受信数も増える傾向があります。

次の表は、職務経歴書の文字数が100文字未満の場合と、それ以上の文字数でプラチナスカウトの受信数を比較したものです。

職務経歴書の情報量が増えるほど、プラチナスカウトの受信数も上がっています。

文字数プラチナスカウト受信数
100~199文字1.5倍
200~399文字2.1倍
400~599文字2.7倍
600~799文字3.1倍
800~999文字3.3倍
1,000~1,499文字3.7倍
1,500~1,999文字3.9倍
2,000~3,999文字4.3倍
4,000文字以上5.0倍
職務経歴書の文字数と受信数

【引用】ビスリーチ公式サイト

また、年収1,500万円までは年収レンジが高くなるほど、入力文字数も増えていることがわかります。

年収平均入力文字数
500万円未満259
500万~600万円416
600万~750万円509
750万~1,000万円487
1,000万~1,250万円625
1,250万~1,500万円660
1,500万~2,000万円649
2,000万~3,000万円566
3,000万~5,000万円410
年収別

【引用】ビスリーチ公式サイト

「企業名」「役職・部署名」を具体的に書いて興味を引く

企業の採用担当者やヘッドハンターが職務経歴書を検索すると、結果画面ではサマリー形式の一覧が表示されます。

ビズリーチ職務経歴書検索結果

サマリー表示で興味を持たれないと、職務経歴書の詳細を見てもらうことはできません。

「企業名」「役職・部署名」は分かりにくい表記は避け、企業名や業務内容が分かるように具体的に記載しましょう。

「企業名」「役職・部署名」の記入例

×:外資系IT企業 営業一課 課長

〇:株式会社ビズリーチ(転職サイトを運営する独立系人材企業)

  オペレーション部 統括責任者(業務管理、CRM、カスタマーサポート)

採用担当者の検索キーワードを意識する

企業やヘッドハンターは、スカウト対象を絞り込むときにはキーワード検索をしています。

そのため、検索されやすいキーワードを意識的に職務経歴書に含めることで検索にかかりやすくなり、スカウトされる確率も高くなります。

検索されやすい「最近の人気検索キーワード」は、ログイン後に「統計情報」から確認できます。

ビズリーチ人気キーワード

また、転職成功しやすい職務経歴書のポイントは次のとおりです。

転職成功しやすい職務経歴書のポイント

・経験とその成果は具体的な数字や事実で表現する

・主観的な内容や表現は排除し、客観的に事実を伝える

・入力したスキルを職務要約に盛り込む

【引用】ビスリーチ公式サイト

参考までに、職務経歴書のサンプルはこちらから確認できます。

【参考】職務経歴書の書き方(サンプル)|ビズリーチ公式サイト

希望年収を高く設定しすぎない

多くのスカウトを受けたい場合は、希望年収を高く設定しすぎないようにしましょう

内定が出た後に昇給交渉は可能です。

希望年収を高く設定しすぎると、企業やヘッドハンターがスカウト対象を絞り込むときに、リストから漏れてしまうリスクがあるので注意が必要です。

頻繁にログインをする

頻繁にログインしておくと、転職意欲や積極性が高いと判断されてスカウトされやすくなります

企業の採用担当者やヘッドハンターが職務経歴書を検索すると、最終ログイン日時が新しい登録者が上位表示される仕組みになっているからです。

そのため、ログイン頻度が高ければ上位表示回数が増えて、企業やヘッドハンターの目に留まる確率も上がります。

\年収アップを目指すなら/

無料登録後も料金はかかりません

ビズリーチのプラチナスカウトは返信すべき?無視しても問題ない?

プラチナスカウトの受信数が多い場合、すべてのメッセージに返信するのは大変です。

すべてのプラチナスカウトに返信すべきか、悩んでいる人もいると思います。

結論、返信するに越したことはありませんが、難しい場合は興味がないスカウトについては無視しても問題ありません。

なぜなら、企業やヘッドハンターは大量のプラチナスカウトを送信しており、ほとんどの受信者からは返信がないため、返信の有無が選考結果に影響することがないからです。

少しでも興味があったり、検討したい求人のプラチナスカウトには、必ず返信するようにしましょう。

ビズリーチのプラチナスカウトの返信例

興味のある企業からプラチナスカウトメールを受けとったときの返信例文を紹介します。

どのように返信していいかわからない人は、参考にしてみてください。

スカウトに興味がある場合

件名
Re:●●●●●●●●●●

本文
●●株式会社

●●

はじめまして、●●と申します。
この度はスカウトのご連絡をいただき、誠に有難うございます。

貴社のビジネス、求人内容に大変興味がありますため、一度カジュアル面談をお願いできますと幸いです。

お忙しいところ恐縮ですが、スケジュール等含めご検討いただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

返信が遅れてしまった場合

件名
Re:●●●●●●●●●●

本文
●●株式会社
●●

はじめまして、●●と申します。
この度はスカウトのご連絡をいただき、誠に有難うございます。

返信が遅くなりまして大変申し訳ございません。
恐れ入りますが、ご連絡いただきました求人はまだ応募可能でしょうか。

もし可能でしたら、求人ポジションについて詳しくお聞かせいただきたいと考えております。
お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

ビズリーチのプラチナスカウト(企業から)で年収90万円アップした体験談

ここからは、私が実際にプラチナスカウト経由で内定・転職した体験談をもとに解説していきます。

プラチナスカウト(企業スカウト)の内定率は50%

私の場合は、企業から直接受け取ったプラチナスカウトの中から4社に応募して、結果2社から内定を貰えました。

そして最終的には、内定を貰ったうちの1社に入社しています。

内定率はちょうど5割ですね。

内定率にはもちろん個人差がありますが、感覚値ではやはり一般応募やエージェント経由の応募と比べると内定率は高いと感じました。

プラチナスカウトから内定までの流れ

プラチナスカウトを受けとってから内定までの流れは次のとおりです。

プラチナスカウトから内定までの流れ

  1. ビズリーチに無料登録(https://www.bizreach.jp/
  2. プラチナスカウトを受けとる
  3. カジュアル面談
  4. 面接(1~2回)
  5. オファー面談(内定通知)
  6. 内定承諾

私はビズリーチと複数の転職エージェントを併用して、ビズリーチは企業からのプラチナスカウトを見るために使っていました。

興味のあるプラチナスカウトを受けとったら、カジュアル面談をすることが多かったです。

カジュアル面談なしで選考にすすむことも可能ですが、「スカウトの経緯」や「想定ポジションの詳細」「自分に期待していること」などを確認して、ミスマッチを避けるようにしていました。

カジュアル面談をすると、インターネット上では収集できない「当事者からの話」を聞けるので、面接対策のヒントにもなっておすすめです。

選考プロセスは、面接が1~2回。その後オファー面談の流れでした。

複数の内定を貰うことができたので、オファー面談で昇給交渉をして90万円の年収アップに成功しました。

ビズリーチのプラチナスカウトメッセージの例

私が実際に受けとったプラチナスカウトメッセージの例を2つ紹介します。

企業からのプラチナスカウトメッセージの例

【カジュアル面談のご依頼_オンライン実施】●●様にお任せしたいポジションです。※法人営業マネージャー候補※

●●

はじめまして。
●●株式会社 採用担当の●●と申します。

●●様のご経歴や実績を拝見し、ぜひ一度『カジュアル面談』のお時間をいただけないかと思い、メッセージを送らせていただきました。

弊社は、『●●』というビジョンのもと、マーケティングオートメーションやCRMを中心としたマーケティングソリューションを提供し、現在●●社を超えるお客様へのサービス提供をおこなっている企業です。
特に●●社のゴールドパートナーとして、マーケティングオートメーションツール(MA)「●●」、BtoC企業向け「●●」や CRMツール「●●」の導入支援・活用コンサルティングを推進し、導入支援実績は日本トップクラスです。またMAの導入・活用を補完するため、自社オリジナルのパッケージサービスを開発。効果を最適化するためのWebサイト構築・コンテンツ作成サービスなども合わせて提供しております。

創業以来、複数回にわたり大型のベンチャーキャピタル投資を受け、累計調達額は●●億円を超えました。証券取引所マザーズへのIPOを現実的視野に入れて、事業を進めております。
IPOは社員全員で達成し得るものであるため、上場を実現し得る企業に在籍し、共に業務改革をリードしていただくことで、上場時の株価形成に伴う報酬と、長期的なキャリアプランの拡大、を得ていただけると考えています。

10月には、デロイト トーマツ グループが発表したテクノロジー・メディア・テレコミュニケーション業界の成長率ランキングで●●位にランクインもしております。
https://●●●●

この度の事業の拡大に伴い、MAツールやCRMを活用した、【お客様の事業拡大・収益改善を提案するコンサルティング営業 マネージャー候補】としてご活躍いただける方を探しており、●●様にお声掛けさせていただいた次第でございます。

現在セールス部隊は、部長(●●歳)の元に20代半ば~40代前半のメンバーがおります。チームは新規開拓チームと既存深耕チームに分ける予定でして、今回お声かけしたのは新規開拓チームのマネージャーとなります。

大手企業からベンチャー企業まで、MAツールを活用した事業拡大・収益改善を提案していますが、社内のマーケティング活動でもBtoB向けのMAツール「●●」を活用しているため、マーケティングチームと連携して効率的な営業活動を実現しています。

【当ポジションの魅力】
・市場価値の高い最先端のデジタルマーケティング知識が身に付きます。
●●社の認定資格が取得できます(受験費用の補助あり)。
・営業/マーケティング/ITとバランスよくスキルアップが可能です。
・わからないことや困ったことがあればチームみんなで助け合いながら解決していく文化があります。

添付しております求人票もご確認いただき、少しでもご興味をお持ちいただけるようであれば、
まずは面接という堅苦しいものではなく、気軽に会社やキャリアについてお話しさせていただく『カジュアル面談』のお時間をいただけないでしょうか?
この機会に、●●様のキャリアに対するお考え、今後の展望などもお聞かせいただけますと、幸いでございます。

可能であれば、ご都合のよい日時を2,3ご返信いただけますと幸いです。
もちろん事前にご質問などがございましたら、遠慮なく仰ってくださいませ。
※応募書類等は必要ございません
※オンラインでの実施も可能です

●●様からのご返信、心よりお待ちしております。

●●株式会社
採用担当 ●●

※本メールは匿名の情報を元に送付しております。過去にご応募されていらっしゃる方、または既に選考中の方にも送付してしまうことがあるかもしれませんが、その場合は何卒ご容赦賜りますよう、お願いいたします。

ヘッドハンターからのプラチナスカウトメッセージの例

東証一部上場グループにて、クラウド事業の営業マネージャーをお任せします

●●

初めまして。●● ●●と申します。
唐突に恐縮ですが、これまでのご経験を拝見し、
是非ご紹介したい求人がありご連絡いたしました。
英語力を生かして活躍いただけるポジションです。

●●様のご経験に大変魅力を感じております。
是非面談にてお話しさせて頂けますでしょうか?
ご返信当日の面談も可能です。

【ご紹介企業について】
■会社概要
東証一部上場グループで、IPOを目指す急成長企業。
●●を中心としたクラウド事業が順調に伸びています。
■ポジション
メンバーも増えてきたことから、営業マネージャーをお任せできる方を募集しています。
■業務内容
チームマネジメント、クラウドインテグレーションを活用した顧客支援サービスの提案営業
■応募要件
※下記いづれか※
●●の営業経験
・IT系やSaaS系のプロダクトの営業経験

マーケットからの注目と今後の成長性を含め、
是非●●様にお話を聞いていただきたい企業様です。
お時間いただける場合は、下記フォーマットご返信お願いいたします。

■ご返信フォーマット
【面談候補日程】(可能日程を残して返信ください)
●月●日(水)11:30開始~17:30終了
●月●日(木)16:30開始~21:00終了
●月●日(金)10:00開始~11:00終了、11:30開始~16:00終了、17:30開始~19:30終了
●月●日(月)10:00開始~11:00終了、13:00開始~21:00終了

【面談方法】(希望の方法を残して返信ください)
電話/Zoom

ご連絡お待ち申しております。

●● ●●

※なお、こちらのスカウトにご返信頂きますと同時に
開示された情報を●●へご登録させていただきます。
あらかじめご了承ください。

ビズリーチの「プラチナスカウト」とリクルートダイレクトスカウトの「一求入魂スカウト」の違い

リクルートダイレクトスカウトの一求入魂スカウトは、ビズリーチのプラチナスカウトとよく比較されることがあります。

一求入魂スカウトとは、ヘッドハンターが求める限られた会員のみに送信されるプレミアムスカウトです。

ビズリーチのプラチナスカウトと同じく通常のスカウトと比べて希少で、市場価値が高い人にのみ送られます。

プラチナスカウトとの違いは次のとおりです。

プラチナスカウトと一求入魂スカウトの違い

  • 企業からの直接スカウトがない
  • 面接が確約されていない

企業からの直接スカウトがない

一求入魂スカウトには、企業からの直接スカウトがありません。

リクルートダイレクトスカウトでは、企業からのスカウトは「通常スカウト」でのみ受け取れます。

企業との面接が確約されていない

一求入魂スカウトは、企業との面接確約の特典がありません。

通常スカウトよりもヘッドハンターの「本気度」が高いスカウトで、一般の選考と同様に企業の書類選考からスタートします。

ビズリーチもヘッドハンターからプラチナスカウトの場合は同様で、面接が確約されているのは企業からのプラチナスカウトのみとなります。

ビズリーチのプラチナスカウトを使い倒した感想

筆者がプラチナスカウトを使い倒して、特に感じたのは次の3つです。

ビズリーチのプラチナスカウトを使い倒した感想

  • 自分のキャリアに自信が持てる
  • 内定までの期間が短い
  • 志望企業からのプラチナスカウトはチャンス

自分のキャリアに自信が持てる

プラチナスカウトを受けとることで、自分のキャリアに自信を持つことができました。

プラチナスカウト=「市場ニーズ」と考えることができると思います。

内定まで至らなかったケースもありますが、それでもプラチナスカウトがモチベーションアップや精神的な余裕に繋がりました。

内定までの期間が短い

企業からのプラチナスカウトの場合は書類選考がなく、面接もいきなり役員や社長面接のケースもあり、選考期間が短い傾向がありました。

ただし、プラチナスカウト経由で役員面接や社長面接を受けても、内定が確約している訳ではないので注意が必要です。

通常の選考と同様に、十分な対策をして面接に臨むようにしましょう。

志望企業からのプラチナスカウトはチャンス

志望企業からプラチナスカウトを受けとれたらチャンスです。

なぜなら、企業の採用担当者は「採用基準を満たしているであろう候補者」にのみ、プラチナスカウトを送っているからです。

面接で「キャリアや実績の再現性」や「志望企業とのマッチング」などについてアピールすることができれば、より内定が近づくでしょう。

ビズリーチのプラチナスカウトが来ないときの対処法

ビズリーチのプラチナスカウトを受け取るコツ(「職務経歴書を充実させる」「希望年収を高く設定しすぎない」「頻繁にログインをする」)を試してもスカウトを受けとれない場合は、ほかの転職サービスも併用してみましょう。

プラチナスカウトが来ないときの対処法

  • ほかのスカウトサービスも併用する
  • 転職エージェントを併用する

ほかのスカウトサービスも併用する

「リクルートダイレクトスカウト」は、株式会社リクルートが提供するハイクラス向け転職スカウトサービスです。

ビズリーチと同じく企業やヘッドハンターからスカウトを受けることができ、「審査なし」「完全無料」で登録可能です。

リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト2
ビズリーチリクルートダイレクトスカウト
公開求人数 約180,000件約69,000件
企業からのスカウト ありあり
登録審査 ありなし
利用料金 スタンダードステージのみ無料完全無料
公式サイト https://www.bizreach.jp/https://directscout.recruit.co.jp/

企業とヘッドハンターの両方からスカウトを受けとりたい人におすすめです。

転職エージェントを併用する

転職エージェントは転職についてさまざまなノウハウを持っており、職務経歴書を添削して貰うことも可能です。

転職エージェントに登録するなら、次の3社がおすすめです。

この3社のエージェントはビズリーチのヘッドハンターにも多く登録されていて、ヘッドハンタースコア上位が常連の優良エージェントです。

おすすめ転職エージェント3選

✔リクルートエージェント

 転職支援実績NO.1

 【公式サイト】http://www.r-agent.com/

✔JACリクルートメント

 ハイクラス・ミドルクラス転職4年連続No.1

 【公式サイト】http://www.jac-recruitment.jp

✔パソナキャリア

 オリコン顧客満足度調査4年連続NO.1

 【公式サイト】http://www.pasonacareer.jp

ビズリーチのプラチナスカウトに関するよくある質問

ビズリーチのプラチナスカウトに関するよくある質問を記載しておきます。

ビズリーチのプラチナスカウトに関するよくある質問(FAQ)

  • プラチナスカウト(企業スカウト)の面談内容は?
  • プラチナスカウト経由で書類選考に落ちることはある?
  • プラチナスカウト(企業スカウト)が来ないのですが
  • プラチナスカウト(企業スカウト)が来ないのですが
  • プラチナスカウト経由の面接や内定を辞退してもいい?
プラチナスカウト(企業スカウト)の面談内容は?

企業からのスカウトでは、本選考に進む前にカジュアル面談のお誘いがある場合があります。

面談内容の多くは自社の選考に進んでもらえるように、オファー企業から会社概要や求人ポジションなどの説明が行われます。

プラチナスカウト経由で書類選考に落ちることはある?

プラチナスカウトは面談確約のスカウトのため、基本的に書類選考は免除されます。

そのため特別な理由がない限り、書類選考に落ちることはほとんどありません。

プラチナスカウト(企業スカウト)が来ないのですが

プラチナスカウトが来ない人は、まずは職務経歴書を見直して修正してみましょう。

それでも変わらない場合は、ほかの転職サービスの利用も検討してみましょう。

プラチナスカウトの返信が来ないのですが

1週間を過ぎてもスカウトの返信が来ない場合は、メッセージや電話にて、企業の担当者・ヘッドハンターに直接連絡してみてください。

それでも先方から連絡がない場合は、以下のお問い合わせフォームからビズリーチ宛てに連絡をお願いします。

お問い合わせはこちら

プラチナスカウト経由の面接や内定を辞退してもいい?

もちろん辞退しても問題ありません。

通常応募の場合と同様に、辞退理由を伝えたうえで速やかに辞退するようにしましょう。

ビズリーチのプラチナスカウトの口コミ・評判

ビズリーチのプラチナスカウトの口コミ・評判をまとめてみました。

ビズリーチの審査通過する人は使って損なし

プラチナスカウトは送付側の本気度が高い

企業からのプラチナスカウトは内定につながる可能性が高い

ビズリーチの企業スカウトのみで5社中4社内定

ビズリーチに登録して企業からプラチナスカウトを受けとってみよう

ビズリーチは170万人以上が登録している国内最大級のミドルクラス・ハイクラス転職サイトです。

保有求人の3分の1以上が年収1,000万円以上というように高年収案件が充実しているので、年収を上げたい人やキャリアアップを目指して転職したい人におすすめです。

他の一般的な転職サイトと違い登録さえしておけば、企業の人事や役員クラス、案件を持つヘッドハンターから直接スカウトを受け取ることができます。

サービス名称ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数198,989件(2023年1月21日現在)
ターゲットミドル・ハイクラス層
利用料金スタンダードステージのみ無料
登録審査あり
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

ビズリーチの特徴

✔年収600万円以上の求人が多い

✔企業の人事や役員クラス、案件を持つヘッドハンターから直接スカウトを受けとれる

✔無料で利用できる

まとめ:【体験談】ビズリーチのプラチナスカウト(企業から)で年収90万円アップした話。

この記事では、ビズリーチのプラチナスカウトについて解説してきました。

この記事のまとめ

  • プラチナスカウトは、企業の採用担当者やヘッドハンターが送る送信回数が限られた特別なスカウト
  • 企業からのプラチナスカウトのメリットは、面接が確約されていて内定率が高い
  • プラチナスカウトは無料プランでも利用可能

ビズリーチの利用がおすすめの人は次のとおりです。

ビズリーチがおすすめな人

✔キャリアアップ・年収アップを目指したい人

✔自分の市場価値を知りたい人

✔効率的に転職活動を進めたい人

一方で、以下のような人にはあまりおすすめしません。

ビズリーチがおすすめでない人

✔転職を急いでいる人

✔自分のキャリアにまったく自信がない人

登録は無料プランがおすすめです。登録時間3分、完全無料で利用できます。合わなかったら即時解約も可能です。

どんなスカウトが来るのか、自分の目で確かめてみてください。

\年収アップを目指すなら/

無料登録後も料金はかかりません

ビズリーチの評判や口コミについて詳しく知りたい人は、こちらの記事をぜひ参考にしてみてください。

プラチナスカウトで年収90万円アップ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

■Saasベンチャー企業×副業
■これまでに転職3回、4社を経験
■ビズリーチのプラチナスカウトで2回転職
■転職で年収90万円アップの実績あり

目次
閉じる